日本資産総研は相続の相談や財産に関するアドバイスも行っております。ぜひ一度ご相談ください。

  • 日本資産総研のコンサルティング
  • コンサルタント紹介
  • セミナー&イベント情報
  • リクルート
  • 会社概要
  • 資産パートナー会員 お客様向けのサービス
  • NSSTPSビジネスモデル協会 会計事務所向けサービス
  • コンサルティングパートナー会員 コンサルティング関連事業従事者向けサービス
相続について相談する
相続資産対策

現状分析から実行作業までを一元管理

相続や事業承継の事前対策を怠ると、家族や社員等関係者すべてが不安定になります。最適な対策プランを検討し実行するためにも、しっかりとご自身の将来や企業の将来を直視して問題点を発見する必要があるのです。
まずは現状分析で財産の棚卸しを行い、問題点を解決するためのご提案書を作成します。そしてご提案書に基づいて行われる対策の実行作業についても、すべての手続きを当社で代行または手配いたします。

相続資産対策の流れ

現状分析

現状分析はあなたの財産の棚卸しです。
財産の棚卸しというと、皆様は相続税の試算という視点でお考えになると思います。しかし「最適な税務環境」を考慮すると、
1つの税目からの視点では対策を見誤るおそれがあるのです。
私たちは総合的な分析を加え、シミュレーションを重ねた上で最適なご提案をいたします。

ご提案書の作成

現状分析で把握したお客様の問題点を解決するため、当社コンサルタントがご提案書を作成いたします。
ご提案の内容は不動産の有効活用、金融資産の運用、保険の活用、法人の設立・運営形態の改善、自社株の整理、贈与、債務整理、遺言書の作成等多岐にわたります。また、「争族」防止のための対策も重視し、ご本人のご意思を尊重したご提案をいたします。

実行作業

ご提案書に基づいて行われる対策の実行作業は、すべて当社で代行または手配いたします。
さまざまな専門家、資格者が関与する実行作業をお客様が手配するわずらわしさを解消し、当社の一元管理で対策による
効果をより確実なものとします。
また、お客様の対策に最適な商品の提供もお任せください。当社は多数の不動産・建設業者、金融機関、生損保会社と提携により、最適な対策を実行いたします。