日本資産総研は事業承継や不動産等のコンサルティングを行っております。ぜひ一度ご相談ください。

  • 日本資産総研のコンサルティング
  • コンサルタント紹介
  • セミナー&イベント情報
  • リクルート
  • 会社概要
リクルート

株式会社日本資産総研 エステート事業本部

金井 賢太郎

どんなお仕事ですか?

当社では数億円単位の投資物件を扱うことが多く、スタッフ全員日々良い緊張感を持ちながら充実した仕事をしています。

仕事のやりがいや評価体制は?

当社の仕事の醍醐味は、お客様の「この瞬間」だけでなく「将来像」に携われる事だと思います。

社内の評価体制も「定量、定性」の評価があり、長期的な視野に立った上で、お客様のどのような幸せを描けるか、そのプロセスも当社では評価の対象となります。

当社の先輩方は専門知識もあり、困った時にしっかりフォローしてくれるので安心して働けます !

株式会社日本資産総研 コンサルティング事業本部

郡司 大輔

入社当時に大変だった事は?

入社当初は何もわからず与えられた業務をがむしゃらにこなすだけで精一杯の日々でした。そんな中で数年経ち、ある程度の知識と経験は得られたにも関わらず、自分の提案がなかなかお客様に受け入れて頂けない日々が続きました。当時の私は知識や経験さえあればお客さまに納得して頂けると考えていたんだと思います。

何代もの間資産を守り、承継してきたお客様・一代で会社を築き上げたお客様、どのお客様にしても人生経験は私なんかが足元にも及ばない大先輩です。
そんな相手に私のような若造が少しばかり得た知識や経験でご提案しても、知ったかぶりの上っ面だけのコンサルティングのように伝わってしまったのかもしれません。
ではどうすれば良いのだろう、当社の先輩方や上司にも相談にのってもらい私が出した答えはコンサルティングというアドバイザーだけではなく自分のことのように取り組む姿勢でした。

仕事へ取り組む姿勢は、どのようにかわりましたか?

お客様の守り抜いてきた資産を一緒に見て回り、田植え・稲刈りを手伝い、お祭りや餅つきなどの地域イベントへも一緒に参加させてもらいました。少しでもお客様の気持ちに近づけるように、お客様の事は「お客様に教えてもらう」。そして教えて頂いた事を、2代目に伝える。2代目の方とは一緒に成長していくような気持ちも持っています。このように一家の橋渡しのような役目を何度も経験し、今では、これは自分の資産だ、どうするのが一番か!?自分は家族の一員なんだ!と、少しくらいずうずうしい気持ちでお話をさせて頂くこともあります。

そして、私も現在ではお客さまにとってより良い提案をし、感謝して頂くことも増えてきました。
しかし、時代はどんどん変わっていきます。お客様の置かれた状況もどんどん変わっていき、私自身も将来は後輩社員に引継いでいくことにもなるかと思います。そんな中、今と同じことを続けるだけでは、2代目・3代目へと続くお客様のためにはなりません。より一層自分の専門性を深めると同時に、自分が先輩方から頂いたアドバイスや経験を後輩達にも伝えていき、会社としてお客様とずっと付き合い続ける環境を作っていくことが私の使命だと考えております。

堀尾 充洋

仕事をしていくうえで、大切にしていることはなんですか?

私が業務を行う中で最も大切だと感じている事は、何気ない会話の中で人の心を感じ取り、相手を思いやり、一緒に道を作っていく感覚です。それはお客さまだけではなく、チーム、会社、取引先など関わりのあるすべての人・物事に対しても同様です。
そういった意識が「良い空気」を作り出し、その良い空気の中で行った仕事が気付くと良い結果として顕れる、より良いスパイラルを生み出すと感じています。

仕事を通して、どのように考え方が変わりましたか?

人の和の中に溶け込む難しさと重要性を学びました。

私はこの会社に入社するまでは、役者を志していました。当時は何度舞台に上がろうが、どんな作品に出演しようが成績や評価というものが曖昧で、自分自身を信じてやりきるしかありませんでした。自分を信じて堂々と立ち振舞う度胸と前向きな精神はこの当時に学び今に活かされていると感じています。

入社してまず感じたのは社内・社外共にいろいろな価値観を持った人達と関わっていく事の難しさです。
コンサルタントと聞くと何かを人に提案し、より良い方向に導くようなイメージを私も初めは持っていました。しかし、それよりも大事なのは、周りにいる人達が何を考え、何を大切にするかを汲み取ろうとすることが重要なのだと感じます。

仕事のやりがいはなんですか?

共通点のない業界に飛び込んだこともあり、今は人一倍勉強の日々です。お客様の財産をしっかりと把握する為にも税法・不動産・保険等、ありとあらゆる知識も必要となります。また、お客様の資産を守っていくという仕事柄、時にはお客様にとって話しづらい事まで深く話を聞かなくてはならない事もあります。何をどのように勉強すれば良いか、どう立ち回れば良いか不安になることもあります。そんな時は周りの先輩や同僚に相談し、皆で問題解決にあたります。

そうした中でお客さまの思いを汲み取り、一人一人に適した提案内容を導き出せた時には本当にやりがいを感じます。お客様から頂く「ありがとう!」は格別です。
それらの経験がもっといろいろな知識を身につけたい、いろいろな実務に携わりたいというモチベーションとなり、日々の業務の大きな支えとなっています。